会社を辞める準備・会社を辞める手続き

スポンサードリンク

退職後の税金手続き

新しい勤務先が決まっている場合、源泉徴収票を年末調整までに

その会社に提出すれば、所得税に関する特別な手続きはいりませんが、

年内の再就職が不可能なら自分で確定申告する必要があります。


住民税は前年1年間の所得から計算された課税額を6月から

翌年5月まで分割して支払うシステムで、1月〜5月に退職した人は、

5月までの納付額を退職時に一括して納入します。


6月1日で再就職している場合、その後の住民税は新しい勤務先で

天引きされますが、そうでなければ役所から納税通知書が送付されるので

4期に分けて納入します。


6月〜12月に退職した人は翌年5月までに納めるべき納付額の一括納入か

分割納入かを選ぶことができます。


分割納入を選択した場合は役所から納税通知書が送られるので、

自分で納税しましょう。


スポンサードリンク