会社を辞める準備・会社を辞める手続き

スポンサードリンク

退職時に会社に返却するものと受取るもの

退職する日が決まったら、退職願を書面にして提出します。

会社によっては退職願の用紙などを用意しているところもあるので、

退職願を書く前に人事部に確認してみましょう。


退職時に会社に返却するものは、健康保険証、カードキーなどの身分証明書、

自分や取引先の名刺、クリーニングをした制服、通勤定期券、業務書類、

社費購入の文房具類などです。


会社から受取るものは、雇用保険被保険者証、年金手帳、源泉徴収票で、

次の就職先が決まっていない場合は離職票、退職後に国民健康保険に

切り替える場合は健康保険被保険者資格喪失確認通知書が必要です。


離職票や源泉徴収票は後日発行されるため、自宅まで郵送してもらえるように

伝えておきましょう。

転職先が決まっている場合の退職手続き

退職する場合は、色々と細かい手続きが必要ですが、

転職先が決まっている人と失業してしまう人とでは手続きの内容が異なります。


転職先が決まっていて、退職後すぐに再就職する場合の手続きは簡単です。

まず雇用保険と年金保険ですが、会社の総務担当部署で退職日までに

雇用保険被保険者証及び年金手帳を受領し、入社後すぐに転職先の

総務担当部署に提出します。


健康保険は退職日当日に会社の総務部担当部署に返還、退職後に受領した

源泉徴収票は転職先の総務部担当部署に年末調整の前に提出します。

また、退職金が支給された場合は会社の総務部担当部署で

退職所得の受給に関する申告手続きを行います。


この手続きをしなければ退職金の確定申告が必要となるので、

忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク